「踊る大捜査線 THE MOVIE 3 ヤツらを解放せよ!」を見に行ってきました。
7年ぶりってことで、内容もうろ覚えだったんで、とりあえず2だけ見ておきました。

感想は…辛口な感想も多いですけど、面白かったですよ。
笑える要素も多かったし、退屈することもなく見れました。
でも和久さんの存在はとても大きかったんだなぁと改めて思いました。
なんていうか…物語が締まらないというか…。

新メンバーが多かったので、踊る〜なんだけど、なんだか違和感が…
強行犯係なのに、みんなのやる気のなさってどうなのよ。
どうせならドラマでじっくりやって、メンバーを私たちが受け入れてから
映画にして欲しかったなぁと思いました。
重ねるごとにスケールがでかくなりすぎちゃってるし、出演者も
豪華メンバーばかりなのに、各々の活躍するシーンも少なくなってしまうし、
ホントもったいないな〜と思ってしまいます。

4もやるそうなので、期待したいです。

この記事へのコメント

コメントを書く

名前
メール
URL
コメント

この記事へのトラックバック

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。